会社情報

Corporate Information

トップメッセージ

お客さまサービスの向上、地域や社会への貢献を通じて
企業価値向上を目指します。

代表取締役社長 大久保 正行

高速道路は、東日本エリアで約4000kmのネットワークを形成し、1日当たり259万台のご利用をいただいています。日本の物流や人流を支え、地域社会の発展と私たちの暮らしの向上に欠かせない重要なインフラとなっています。
当社は、NEXCO東日本グループの一員として、24時間365日、安全・安心・快適・便利な高速道路サービスをお届けすることを社会的使命とし、関東地区において通行料金の収受や、通行止めなどの緊急時の支援等の料金管理業務を行っています。お客さまから通行料金を頂くことは、NEXCO東日本グループ全体の事業運営を支える根幹業務であり、高速道路の顔として、「正確、迅速、丁寧」で心のこもった対応が求められます。

NEXCO東日本グループは、中期経営計画を策定し、この期間を「SDGs」、すなわち、持続可能な開発計画の達成に貢献し、新たな未来社会に向け変革していく期間と定め、高速道路の事業活動を通じて、ますます社会の発展に貢献するよう取組んでいます。
昨今のコロナ禍、人々の生活や働き方の変化、企業活動のグローバル化、更には急務とされる社会全体のデジタルトランスフォーメーション化の要請に伴い、料金管理業務についても、料金精算機やETC専用化の導入など、一層の効率化、高度化が求められています。そのような時代のニーズに的確に応えること、そして安全・安心・快適・便利といった、これまでと変わらぬ期待と信頼に誠実に応え続けていくことは、我々の責務であると考えています。

これらを支える社員が、いきいきと笑顔が溢れ、風通しのよい職場の中で、コンプライアンス意識や倫理観を高く持ち、そして、お客さまの目線で考え行動し、これからもお客さまと社会の信頼にお応えできるよう努力してまいります。

株式会社ネクスコ・トール関東代表取締役社長 大久保 正行

メッセージを聞く